遺品整理とは

遺品整理とは

遺品整理をはじめる前に


 

みなさんは、家族や身近な親族が亡くなった後に行う遺品整理について具体的に考えたことはありますか?

亡くなった方が遺した遺品は、生前の故人との思い出であり、故人がこの世に生きたという証でもあります。

不動産以外のすべての財産である動産物全般を指す「遺品」。

その「遺品」を「整理」するということは、部屋にある「物」をただ「片付ける」のとは大きく異なります。

遺品整理とは、故人の愛用品や趣味の収集物、衣類・家具・家電等生活用品のほかに、アルバムに残された数々の写真やお手紙、人形、仏壇など多種多様な物を含む遺品を適切にご供養を施し、畏敬の念を持って亡き人の冥福を願い行うお片付けです。

家族や親族以外の第三者が遺品整理にたずさわる場合には、故人を尊重する気持ちはもちろん、遺族の思いを汲み取り向き合った上で、最良の配慮や厚意が必要です。

 

遺品整理をはじめる前に

 

遺品整理で知っておきたいポイント


 

持ち主を失い、必要ではなくった物だからといって、なんでもかんでも単なるゴミとして撤去・廃棄処分する行為は、「遺品整理」とは言いません。

遺品整理を行うためには、まず思い出の品として残す物、相続として引き継ぐ物、必要とするところに譲り渡して再利用できる物、不用品として法規に従い廃棄する物を「しっかり見極めること」と、「適切に仕分けること」が重要です。

お部屋の退居や解体などが差し迫っていたり、悲しみが癒えず作業に取り掛かることができないなど、メンタル面や時間的にも余裕がないといった場合、遺品整理の代行を専門としている業者に依頼するという方法もあります

 

遺品整理で知っておきたいポイント

 

遺品整理の理想と現実


 

従来の遺品整理といえば、亡くなった方の身内である家族や近しい親族が行うものでした。

今でも、そういったイメージは根強く、ご自身が遺品整理をする立場になった時もそうするべきであると考える方が多いのではないでしょうか。

しかし、現代の日本が抱える問題として上げられる社会の高齢化や、少子化問題、増加する核家族化は、遺品整理の在り方に与える影響も大きく、向き合い方や意識も変化しつつあります。

自分の手で遺品整理をしたいと思う反面、高齢の親と離れて暮らしていた場合は、普段の生活時間を割いて遠方まで通うのは大変で、清掃業者や運送業者などを分けて依頼していると出費も嵩み、抱える負担は大きくなります。

また、深刻な問題となっている身寄りのない高齢者の孤独死も、賃貸で起こった場合には、大家さんや管理会社等が後の始末をしなければなりませんが、近隣への配慮を考えると早急な対処が必要となりますし、酷い汚れの清掃や消臭等は専門的な技術がなければできません。

現実問題として、自分たちだけでは解決できない家族の死後の整理が様々ある中、本来であれば家族が行う遺品整理も、時代の流れとともに捉え方が変化しています。

最近では、形見分け等の仕分けから、搬出・搬送、不用品の回収・処分、除菌・消臭・血痕除去などの特殊清掃技術を持つ遺品整理の代行業者は、全国各地で増加の傾向にあります。

面倒な相続の手続き代行や生前整理のサポートなどサービスも充実していますので、遺品整理を業者に託すという方は増えており、珍しいことではなくなっているように感じます。

 

遺品整理の理想と現実

 

遺品整理は業者に頼むほうがお得?


 

大切な人を亡くして悲しみが癒えないうちに、精神的にも体力的にも負担が大きい遺品整理をする遺族の辛さは計り知れません。

みなさんは、自分の部屋を片付ける時に懐かしい写真を見つけて、そのまま作業の手を止めてしまったという経験はありませんか?

その写真が故人との思い出が詰まったものであれば、より様々な想いが溢れてしまって整理が捗らないのも頷けます。

だからといって、手付かずのままにできませんので、とりあえず引越し業者に頼んで遺品を遺族の家に運び入れたり、レンタルのトランクルームに移す方もいらっしゃいます。

それでも、いずれは残す遺品と不要な遺品に選別し、適切に整理しなければなりませんよね。

遺品整理に対する意識が変わりつつある今、出費を重ねたり、時間をかけるよりも、遺品整理にまつわる全般を一度にまとめて引き受けてくれる代行業者に依頼する方が賢明といえるのではないでしょうか。

多くの遺品整理業者が、24時間体制で依頼に対応しており、早い所では問合せた当日に訪問見積りをしてくれます。

料金は部屋の面積、もしくはトラックの大きさ・台数で算出する場合がほとんどで、必要に応じて追加サービスを依頼することもできます。

あれこれと作業日を分けて複数の業者に分担すると、依頼先を厳選する手間と時間、そして費用も膨れ上がります。

遺品の仕分け・整理からはじまり、遺品の搬送、不用品の回収・処分、清掃など必要な作業を一社に一括で託すことができるのは、遺品整理業者の最大のメリットであり、支払いもひとつの業者だけで済むということは、結果的に遺品整理は業者に依頼するほうがお得であるといえますね。

 

大阪で遺品整理を選ぶなら口コミで評判の遺品整理業者ランキングをご参考ください!

遺品整理は業者に頼むほうがお得