遺品整理のトラブル事例

遺品整理のトラブル事例

依頼前に知っておきたい!遺品整理で増加する悪徳業者とトラブル


 

本来、専門的な知識と技術を持って、体力的・精神的・経済的にご遺族をサポートする立場にあるのが遺品整理業者ですが、増加する需要に伴い遺品整理を代行する業者が増えている昨今、モラルが欠如した悪質な業者が少なからず存在しているのも現状です。

遺品整理を業者に依頼するという経験は人生でそうあることではないですし、身近に利用経験者がいるということも少ないでしょう。

こちらでは、悪徳業者によって引き起こされる遺品整理のトラブルをいくつかご紹介いたします。

 

依頼前に知っておきたい!遺品整理で増加する悪徳業者と遺族のトラブル

 

トラブル① 悪質な高額請求や追加料金の請求


 

被害の多くは、見積もりの段階で他社よりも破格の安さで依頼を取り付け、作業を終えた後になって提示した見積金額より多額の費用を請求されたり、依頼者に説明もないまま実施されていたオプションサービスの作業費と称して不当に追加金を請求されたという事例です。

例えば、「予想していたより廃棄するゴミがあった」「処分が難しい遺品があった」などを理由に見積もりの2、3倍の金額を要求する、「当日になって見積もり以外の作業を頼まれた」「原状回復のために必要な清掃をした」など依頼者に増額を案内することなく上乗せした費用を請求するといったケースです。

遺品整理を業者に依頼する場合、依頼を確定する前に見積もりを出してもらい、作業内容と金額に納得した上で契約することが基本です。

そのためには、遺品整理の相場を知っておくことが重要なポイントになります。

不当な請求を受けないためには、見積もり時に詳しい作業内容と何にいくらかかるのか、追加料金が発生するのはどういう場合かなどを説明してもらい、前もって明確にしておきましょう。

これらをあいまいにしたり、拒否する業者であれば依頼しないことが賢明です。

遺品整理を業者に依頼するという経験は人生でそうあることではないですし、身近に利用経験者がいるということも少ないでしょう。

そのため、遺品整理に支払う妥当な料金相場も把握しづらく、様々な企業や業種からの参入や転身も増えているので、料金体系も四分五裂となっています。

遺品整理業者の料金相場を知る方法がわからないという方は、遺品整理の適正価格をご参考ください。

 

トラブル① 悪質な高額請求や追加料金の請求

 

トラブル② 遺品の不法投棄


 

遺品整理で引き取った遺品を廃棄・処分するためと称して、回収費やリサイクル料を請求したにも関わらず、処分費用をおさえるために山中や川底に遺品を不法投棄する無秩序な悪徳業者が存在します。

遺品の不法投棄については、「業者が悪い」では済まない場合があるので十分な注意が必要です。

警察に違法な投棄物として発見された遺品の中に、故人やあなたを特定することができる物があった場合、先ず連絡が入るのは所有者であり、それが遺族であるあなたや家族になるという可能性は非常に高いと考えられます。

依頼先の業者が投棄したという確実な物的証拠がない場合、あなたが罪に問われることは無いと言い切ることはできません。

このような被害に合わないためも、遺品整理業者を選ぶ際には「一般廃棄物収集運搬業」の許可を取得しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

もちろん、依頼した遺品整理業者の担当者の連絡先や名刺、契約書や領収書なども保管しておくと安心です。

 

トラブル② 遺品の不法投棄

 

トラブル③ 盗難?価値ある遺品を無断で回収・売却されてしまう


 

故人の遺品の中には、家族が知らない高価な宝石や時計、貴金属、価値がある骨董品や美術品等が含まれていることもありますし、遺品整理をしていると、タンスの奥から現金や預金通帳、印鑑が見つかることもあります。

これらを倫理観のない悪質な業者が見つけた場合、依頼者に報告もせず無断で回収し、自分たちの利益を上げるために転売・売却しているという事例があるのです。

また、不用品回収を兼業している業者によくあるトラブルとしては、普段から不用品を扱う業務が多く、その延長線で遺品整理の作業を行うと粗雑になってしまい、形見や現金、権利書に気づかず処分してしまうというケースもあるようです。

依頼者も故人の持ち物をすべて把握していることはほとんどありませんし、高価な物が存在していることすら知らない場合もありますので、知らない間に大きな損失を受けていたり、盗難被害にあっているということが有り得るのです。

このような事態に陥らないためのいちばんの対策は、業者に依頼する前に自分たちで高価な物、相続の対象になる遺品がないか充分に確認しておくことです。

当たり前のことと感じる方は多いでしょう。

しかし、遺品整理は葬儀後の慌ただしい中、様々な感情を堪えて行う場合が多いですし、思い切りがつかずやっとの思いで遺品整理業者に依頼したという方は少なくありません。

遺品整理に関わるすべてを任せられるのが遺品整理業者を利用するメリットではありますが、最低限自分たちでできる確認は決して怠ってはいけません。

 

トラブル③ 盗難?価値ある遺品を無断で回収され、売却されてしまう恐れも

 

遺品整理業者とのトラブルを回避するためには


 

遺品整理業者とのトラブルに巻き込まれないためには、「業者を上手に選ぶこと」が最も重要であると言えます。

訪問見積もりをしてもらい、納得のできる詳細説明をしてくれるか、要望に対して適切なサービスを提案してくれるか、なにより遺族に寄り添い親身に丁寧な対応してくれるかを実際に感じて、比較・検討した上で、依頼先を決めましょう。

また、不法投棄や盗難を防ぐためにも、遺品整理と一緒に遺品買取りをしてくれる遺品整理業者に依頼するのもひとつの対策です。

買取サービスを行っている業者の中には、相場以下の値段をつけ、不当な仕入れで利益を得ようとする卑劣な業者も存在しますので、注意は必要です。

遺品の買取りを頼みたい場合には、遺品の価値について具体的に相談でき、正確な査定ができる買取専任の鑑定士がいる遺品整理業者を選ぶことをオススメします。

 

遺品整理業者とのトラブルを回避するためには

 

起きてしまったトラブルの対策方法


 

遺品整理は、故人を弔い見送る大切な行事です。

優良な遺品整理業者ばかりであれば懸念する必要もありませんが、残念ながら悪徳業者は存在しますので、不要なトラブルは事前に回避しなければなりません。

万が一、遺品整理で悪質な被害にあったり、トラブルに発展してしまった場合にはまず、対象業者との話し合いを試みましょう。

それでは埒が明かないという場合は、国民生活センターや消費者庁など第三者機関に相談することをおすすめします。

最も解決率が高いのは、弁護士や行政書士の介入による方法と言えますが、解決費用は結構な額になりますし、時間や手間だけでなく、精神的負担も大きくなりますのであまり良い対策ではありません。

遺品整理業者の上手な選び方を参考に、信頼できると思える良質な業者を選ぶようにしましょう。

 

起きてしまったトラブルの対策方法