遺品整理を行うタイミングと具体的な時期

遺品整理を行うタイミングと時期

遺品整理を始める時期に迷ったら・・・


 

大切な家族や近しい親族が亡くなった後に行う遺品整理は、誰しもが経験することではなく、一生のうちで何度も携わる機会があるということでもありません。

そのため、いざ自分で遺品整理を始めるとなった時、いつからどのように始めればいいのか困ってしまうという方がほとんどです。

遺品整理は亡くなった方を偲ぶためだけでなく、遺族の気持ちに区切りをつけるためにも必要な行事ですので、何もしないでおくというわけにはいきませんよね。

それぞれの事情や心情に合わせたタイミングもあれば、どうしても期限を設けなくてはならないケースもありますので、ここでは遺品整理を始めるのに適した時期と気をつけたいポイントをご紹介していきます。

 

遺品整理を始める時期に迷ったら・・・

 

遺品整理の開始時期と期間を決めるポイント


 

結論から言うと、遺品整理の時期に決められた日や正解はありません

具体的な日数や開始日は決められていないので、遺族の悲しみが癒えてから、気持ちが落ち着いてから取り掛かるのが良いと言えます。

つまり、急を要する諸事情がなければ、遺族の心情に合わせて開始時期を決めても良いということです。

気持ちの切り替えがしやすいという理由から、儀を終えた後や法要の時期を目安に遺品整理の開始時期を設けるという方が一般的には多いように見受けられます。

相続権を持った親族が揃っていることが多い葬儀の直後であれば、遠方から来ている遺族とも都合がつけやすいというメリットがありますし、全員が集まった状況で遺品整理をすることができるので好タイミングと言えますね。

また、四十九日法要を終えた後も、遺品整理を始める時期として区切りをつけやすいタイミングです。

宗教によっても異なりますが、仏式では亡くなった方の来世への行き先が決まるとされている四十九日法要。

遺族にとっても喪に服す期間を終える忌明けの日となりますので、諸手続きや行事も落ち着き、遺族が気持ちを切り替えるという意味合いでも好ましい境目と考えることができます。

このように遺族の思いとしても、遺品整理は故人を偲ぶ時間としてゆっくり行いたいものです。

しかし、相続や賃貸契約などの手続きには、守らなければならない期日があるものがあります。

そのような場合には、限られた期限に合わせて早急に遺品整理をしなければなりません。

 

遺品整理の開始時期と期間を決めるポイント

 

遺品整理を急がなければいけないケースもあります


 

故人が持ち家に住んでいたのであれば、慌てて遺品整理を行う必要はなく、悲しみが癒えてからゆっくりとはじめることもできますし、優先するべきことを終わらせてからでも問題はありません。

しかし、親族と離れてひとりで借り家に住んでいた方が亡くなった場合、住人がいなくても月が変われば家賃や共益費などが発生します。

契約上のルールによっては、大家さんや管理会社から部屋の明け渡しを求められる場合もありますので、遺族の出費を最小限にするためにも、賃貸契約が有効なうちになるべく早いタイミングで遺品整理を行った方が良いでしょう。

また、絶対に守らなければいけないのが相続税の申告と納税の期限です。

故人の預貯金や不動産、宝飾品など相続税の課税対象となるものは、申告・納税が10か月を過ぎてしまうと重加算税がかかってしまいますので、期限を過ぎると相続人にとっては大きな経済負担となります。

法的な手続きが必要であったり、課税対象となるものがあるかないかということは、時間をかけて遺品整理を行う場合であっても相続人全員で早いうちに確認しておくことをオススメします。

遺品整理を行う時期には「優先的に行わなければならない場合とそうでない場合がある」ということを知っておくと、申告など重要な手続きに漏れが起きることもありませんし、慌ただしくはじめて不用意に心労を重ねることもなくなります。

遺品整理を滞りなく行うためにも、遺族や相続人となる方々にとって適した時期を見極めるのも大切ですね。

 

遺品整理を急がなければいけないケースもあります

 

迷ったら遺品整理業者に依頼する方法もあります


 

遺品整理を行う時期を決めるにあたり、遺族間での意見やスケジュールがまとまらないといった場合には、遺品整理の専門業者に依頼してプロの力を借りることもひとつの方法です

遺族の方々は、限られた期限などさまざまな事情を抱えながら遺品整理をしなければなりません。

しかし、故人の生活していた場所を片付ける作業というのは想像する以上に大変な作業なので、精神面や体力面において無理をしないことが大切でもあります。

本来であれば、故人が遺した遺品は自分たちの手で整理したいと思う方がほとんどだと思いますが、遠方に住んでいたり普段の生活がある中で進めることが困難な場合もあるでしょう。

そのような場合、遺品整理を専門に請け負っている業者に委託することで、効率よく短期間で終わらせることが可能になります

相続人が揃うタイミングがなかったり、遠方から通うのが大変という方も、遺品整理業者に依頼することを考えてみるのも良いでしょう。

また、思い出がたくさん詰まった遺品は手元に残しておきたいと思うものですが、実際に遺族が大きなものを引き継いだりいくつも保管することは難しいですよね。

そのようなお品があれば、写真や動画にしてデータを残しておくのもひとつの方法です。

近年では、パソコンやデジカメ、スマホに残ったデータの整理や保管方法の提案などデジタル機器やデータの整理をサポートをしてくれるサービスがあります。

通常の遺品整理と合わせてデジタル遺品整理を実施している遺品整理業者を利用するのも良いでしょう。

増加する利用者に比例して、インターネットで検索するとたくさんの遺品整理業者がヒットします。

遺品整理業者の上手な選び方を参考に、良質な業者と悪徳な業者を見分けるポイントや遺品整理の適正価格を知り、後悔しない遺品整理を行いましょう。

 

迷ったら遺品整理業者に依頼する方法もあります