徹底解説!遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理を業者に依頼する方が増えています


 

高齢者が急速に増加している社会背景に伴ない、著しく成長を続けているのが「遺品整理サービス」です。

最近では遺品整理専門業者以外にも、利用者のニーズに応える形で遺品整理に関わるサービスを展開する不用品回収業者やリサイクル業者などが増えています。

亡くなった方が遺した持ち物の整理は残された遺族の手で行いたいと誰しもが思うことでしょう。

しかし、様々な事情によって遺族だけでは遺品整理ができないという場合もあり、業者に依頼してスムーズに済ませたいと考える方も増えています。

では、大切な家族や身近な親族の遺品整理を行うとなったとき、皆さんはどういった業者に依頼しますか?

 

遺品整理を業者に依頼する方が増えています

 

依頼する前に知っておきたい遺品整理と不用品処分の違い


 

遺品整理と不用品処分の違いを理解していることによって、目的に合ったサービス提供や対応をしてくれる業者をスムーズに選ぶことができます。

どちらも行う業務は似ているように思いますが、本質はまったく異なりますのでこちらで詳しく確認しましょう。

遺品整理とは、亡くなった方の所有物をご供養など必要に応じた措置を施し整理することで故人を弔う作業です。

故人の身の回りの物や大切にしていたお品を扱う遺品整理は、単純な片付けとは性質が違いますので慎重に向き合う必要があります。

持ち主に確認することもできませんので、遺族の方にとっては残すものと処分できるものを選別するだけでも大変な作業なのです。

さらには、遺品の仕分けだけでも難しいと感じるなかで、保管できないと判断したものに対して処分する決断もしなければなりません。

遺品整理は故人が遺した品々を処分するだけの単純な作業ではないため、亡くなった方への思い入れが強いほど、遺族にとっては体力面での疲弊も然り、精神的な負担を抱えてしまうことも考えられます。

一方、不用品処分とは、いらなくなった物を処分する作業のことを指します。

遺品整理とは違い、すでに使わないと判断した物だけを扱うため、気持ち的な負担は比較的軽くなります。

ゴミとして自治体の規定に沿って廃棄する以外にも、再利用できる物はリサイクルに回したり、買取店に売り渡すこともできますが、それらを不用品回収業者に引き取ってもらうというのもひとつの方法です。

このように、比較すると一見同じように感じる「遺品整理」と「不用品処分」は本質的に大きな違いがあるということがわかります。

では、実際に遺品整理を業者に依頼したいと考えた場合、遺品整理専門業者と不用品回収業者のどちらを選ぶのが良いのでしょうか?

 

依頼する前に知っておきたい遺品整理と不用品処分の違い

 

遺品整理業者と不用品回収業者どちらに依頼する?


 

遺品整理は「遺品整理業者」と「不用品回収業者」どちらにも依頼することは可能ですが、サービスや整理方法に大きな違いがありますので、どちらに依頼するのが適切かを判断する必要があります。

不用品回収業者に遺品整理を依頼する場合は、あらかじめ遺族で形見分けや相続する遺品を選別し、遺族の元に残さないと決めたものに関して引取りと処分を託すことになります。

廃棄するものに関しては業者がまとめて回収した後、資源としてリサイクルに回してもらったり、通常の粗大ゴミと同様に適切な方法で処分してもらうことができます。

遺品の供養やお焚き上げをしない分、一般的には遺品整理業者よりもコストを抑えることができるというメリットがあります。

しかし、主に一般の不用品やゴミの回収・処分を専門に行なう不用品回収業者は効率優先で進めていきますので、機械的で粗雑な作業になりがちという懸念があります。

普段から不用品やゴミと同等の物品を取り扱う業務を行っているため、同じ要領で作業をする不用品回収業者には遺品の価値についてほとんど考慮されないと思った方が良いでしょう。

たとえ処分すると決めた物であっても、ご遺品は亡くなった方が所有していた思いのあるお品です。

真心を込めて丁寧に扱ってほしいと考える方は、専門的な教育が行届いた遺品整理業者へ依頼することをおすすめします

遺品整理業者は、遺品と不用品の区別が付かない場合であっても残すものと処分するものに仕分け、遺族が判断できない場合には一旦保留にするという提案をしてもらうことができます。

残されたお品によっては相続税の申告や諸手続きが必要になる場合もありますので、そういった遺品特有の問題にも対応できる知識を備えた業者であれば、不要なトラブルを未然に防ぐこともできますね。

もちろん、処分すると決めた遺品も廃棄する物とリサイクルできる物に分別し、写真や人形、仏具や神棚など必要なお品は供養やお焚き上げを実施してもらうことができます。

遺品をしっかりと供養してから処分したいと考えている方は、故人の持ち物を最後までご遺品として丁寧に扱ってくれるという安心感と、遺族の立場で取り組む姿勢や状況に合わせた対応スキルを持ち合わせている遺品整理業者に依頼すると良いでしょう。

 

遺品整理業者と不用品回収業者どちらに依頼する?

 

遺品をどのように整理したいか考えておくことは大切です


 

いざ自分が亡くなった方の遺品整理をするとなった場合に、何から始めればいいのか、どのように保管・処分すればいいのかわからず困っている方も多いようです。

遺族だけですべてを整理・処分することが難しいのであれば、遺品整理業者や不用品回収業者など第三者に依頼しましょう。

ただし、ここまで述べた通り「遺品整理」と「不用品回収」にはそれぞれの本質的な違いがあります。

そのことを理解した上で、遺品整理を行う前に遺族の方々に考えていただきたいのは亡くなった方の持ち物をご遺品としてどのように整理するか、どんな形で気持ちに区切りをつけるかということです。

畏敬の念を込め、遺族として心残りなく故人を送り出すためにも適切な方法で遺品整理を行いたいものです。

業者に依頼する場合にも、供養や特殊清掃など必要としているサービスを行っているか、遺品整理に関する専門的な資格や清掃技術を持っているかなどをしっかり確認することは重要といえます。

遺品整理業者であれば、対応しているサービスの範囲も広く、ご遺族への対応や遺品の取り扱いにも気配りが行届いていますので安心といえるのではないでしょうか。

なかには遺品を不法投棄する悪徳業者がいたり、作業後に高額を請求されたりなど業者とのトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

業者を決める前に遺品整理の適正価格遺品整理業者の上手な選び方を知っておき、信頼できる遺品整理業者を選びましょう。

 

遺品をどのように整理したいかを考えておくことは大切です