遺品整理業者のサービスを徹底解説!

遺品整理業者が行うサービスを徹底解説!

遺品整理業者が行うサービスの内容を知りたい!


 

近年、「遺品整理」についてテレビや新聞などで取り上げられることが増え、遺品整理業者という職業も社会に広く認知されるようになりました。

一方で、「遺品整理の代行を専門に行う遺品整理業者」が、具体的にどのようなサービスを提供しているか知らないという方が多いのも現実です。

では一体、遺品整理業者はどのようなサービスを提供していて、遺族はどういった作業を依頼することができるのでしょうか?

こちらでは、はじめて遺品整理をするという方や、自分の死後、あるいは家族の死後に行う遺品整理について不安を感じている方のお役に立てるよう、遺品整理業者が行うサービスの内容について詳しくご紹介していきます。

 

遺品整理業者が行うサービスの内容を知りたい!

 

遺品整理業者のサービスは「基本」と「オプション」の2種類


 

遺品整理業者のサービスは、大きく分けて2種類あると言えるでしょう。

ひとつはどの遺品整理業者でも行っている基本的なサービス、そしてもうひとつが遺品整理業者ごとに異なる専門的なオプションサービスです。

「基本サービス」は遺品整理業者が設定する基本料金に含まれており、その金額は作業する部屋の広さや間取りを基準に設定していることがほとんどです。

作業を行う範囲が把握できれば、家財の量もある程度予測することができ、派遣するスタッフの人数や車両の大きさなどの目安がつけられるからです。

基本サービスの主な作業はこちらの3つです。

  1. 遺品の仕分け
  2. 遺品の処分
  3. 遺品の回収

遺品の「仕分け・処分・回収」作業なんて、業者に依頼しなくても遺族だけでできるんじゃないの?と思う方は多いでしょう。

しかし、遺品整理のメインとなるこれらの基本作業は、「核家族化」や「少子高齢化」と言われる現代の日本社会において思ったより大変な作業だと実感し、実際に困っている方は多いのです。

遺品整理をするために、葬儀以外で親族が集まるために都合を合わせたり、遠方に住んでいれば通うために交通費や宿泊代を用意しなければならなかったり、故人の住む自治体が決めた方法や収集日に合わせて処分するものを出さなければいけないなど、様々な問題や課題にぶつかることになります。

このように遺族が困った時、遺品整理にまつわるすべての作業を依頼できるのが「遺品整理業者」なのです。

 

遺品整理業者のサービスは「基本」と「オプション」の2種類

 

特別な作業は遺品整理のオプションサービスを利用しましょう!


 

「遺品整理」と聞いて誰もがイメージするのは「遺族が故人の遺品を整理して処分する作業」ではないでしょうか。

そして、その基本となるのが遺品の「仕分け・処分・回収」作業です。

しかし、遺品整理はこのような基本作業だけでは済まない場合もあります。

故人が亡くなった時の状況によって、専門的な技術や知識が必要なケースがあるからです。

例えば、子どもと離れ、実家で一人暮らしをしていた高齢の親が、親族や周囲の人に気づかれないまま「孤独死」をされた場合、発見が遅れると臭いや体液などが発生し、通常のクリーニングでは対処できないということがあります。

このような場合に、遺品整理に付随して依頼できるオプションサービス「特殊清掃」です。

特殊清掃では、体液や血痕、ペットの汚れなど特殊な汚れ・悪臭などを専門的な薬剤や器具を用いて取り除き、居室の原状復帰をしてもらうことができます。

遺品整理業者それぞれが得意とする幅広い分野でオプションサービスを展開しており、遺品の「仕分け・処分・回収」と一緒に、あるいは個別に依頼することもできます。

  • 遺品の供養とお焚き上げ
  • 特殊清掃
  • 遺品買取
  • 不用品回収
  • 自動車やバイクなどの廃車、相続手続き
  • ハウスクリーニング
  • 住宅の解体工事
  • リフォーム
  • エアコンの取り外し

遺品整理で出てきた亡くなった方の日記や、大切にしていた人形、思い出が詰まった写真などが遺品として残されたとしても、すべて形見分けして残すのは現実的に難しい場合がほとんどですよね。

だからといって、ゴミと同じように処理してしまうには抵抗があったり、故人を思う気持ちから名残惜さで手放しにくいということもあるでしょう。

そのような場合に利用したいオプションサービスが、遺品のご供養やお焚き上げです。

古来から行われてきた儀式で特別な思いを込めて処分することができれば、遺族も悲しみを断ち切り新たな生活を始めるきっかけにもなるため利用する方は多くいらっしゃいます。

他にも、遺品の仕分けを行った際にまだ使用できるような家具や家電、骨董品などはリサイクル品として遺品買取を行っている遺品整理業者もたくさんあります。

遺品買取で引き取ったお品の対価は、遺品整理の料金に還元したり、即日現金で引き渡してもらえる場合があります。

廃棄処分しようと思っていた遺品でも、専門的な目で価値を見い出し、適切に査定された上で還元されることは、経済的な負担の軽減にも繋がり、リサイクル品として新たな利用価値があるとわかれば手放す遺族としても純粋にうれしいですよね。

ほとんどの遺品整理業者が、遺族の精神的な負担や金銭面、そして環境保護の観点からも「遺品買取」サービスを行っていますので、見積もりの段階で買い取ってもらえるものがないか聞いてみると良いでしょう。

リサイクルが難しいと判断された遺品でも、遺品整理のタイミングで一緒に「不用品回収」してもらうだけでも体力的な負担は軽減されますよね。

このように、基本サービス以外のオプションサービスについても考慮した上で、どの遺品整理業者に依頼するか十分検討し、上手く活用することをおすすめいたします。

 

特別な作業は遺品整理のオプションサービスを利用しましょう!

 

オプションサービス以外に展開されている遺品整理サービス


 

近年、もはや誰でも1台は所有していると言われるスマホやパソコンなどのデジタル機器が遺品となった場合に必要とされる「デジタル遺品整理」というサービスがあり、近年では利用者も増加の傾向にあります。

デジタル遺品整理は、ネットバンクやFX取引、SNS上の交友関係など遺族が知らないインターネットの利用を調査したり、内部に保存されたアドレス情報や膨大な写真データの整理、デジタル機器そのものを起動するためのパスワードロック解除などを行うサービスです。

この「デジタル遺品整理」サービスは、現代のデジタル社会において最も必要とされているサービスであり、今後益々ニーズの高まりが予想されるサービスと言えるでしょう。

また、最近では、面倒な相続手続きの代行生前整理のお手伝い、終活の相談など、人生の最期を迎えるための準備をサポートするサービスも充実しています。

亡くなった家族の遺品整理を終えた方も、ご自身や家族のために遺品整理業者が展開するサービスを利用するのもひとつの方法ですね。

 

オプションサービス以外に展開されている遺品整理サービス

 

遺品整理業者に依頼するときは必ず複数社で相見積もりを取りましょう!


 

遺品整理を他人に任せるということは、心情的に簡単なことではありません。

大切な家族や親族、遺族にとってもプライベートな生活環境の整理を託し、決して安くはない費用をかけて任せることになりますが、なかには遺品整理の相場とはかけ離れた価格を要求したり、遺品を不法投棄されてしまうなど悪徳な遺品整理を行う業者も残念ながら存在します。

遺品整理でトラブルが起こってしまってはご遺族の負担がますます増えてしまうことになりますので、信頼のできる優良業者をしっかりと見極めて選び、スムーズに進めたいものですよね。

そのためにも、遺品整理の基本サービスだけに限らず、追加でオプションサービスを依頼する場合も、必ず3社ほど複数社から相見積もりを取り、それぞれの料金と作業内容、担当者の対応や振舞いまでしっかり比較してから、故人の大切な遺品を任せる遺品整理業者を選ぶようにしましょう。

もちろん、業者を比較するためにもあらかじめ遺品整理の適正価格オプションサービスの料金相場も知っておきたい情報のひとつです。

他にも、遺品整理業者選びの目安として利用者のアンケート回答やスタッフブログなどを参考にするのも良いですね。

 

遺品整理業者に依頼するときは複数社の相見積もりを取りましょう

 

遺品整理について、こちらの記事もあわせてご覧ください。

遺品整理の依頼から作業完了までの流れ

遺品整理の見積もりで注意するべきポイント

料金や評判、口コミなどで遺品整理業者を比較する場合はこちらを参考にご検討ください。